Tadashi Goino 五井野正 オフィシャルサイト Goino Tadashi Official site.  goino-tadashi.com since 2012-11-30
gtpo_logo003.jpg

2014年06月14日 渋谷2015年3月8日六本木20150308六本木2015年3月8日六本木2015年3月8日六本木2015年3月8日六本木2015年3月8日六本木2014年06月14日 渋谷

五井野正博士の各種イベントをご案内
博士の今までの軌跡と講演会・音楽・映像・論文等をご紹介します。

【告知】五井野正博士は、LINE、Facebook、Twitter、blog等のSNSを以前から一切おこなっておりません。五井野正博士の名前のSNS等には充分ご注意くださいますようお願い申し上げます。

【緊急告知】五井野正博士に対するいわれのない誹謗中傷への反論記事リンク。
LinkIcon五井野正博士の活動を妨害し続ける某組織の正体
LinkIcon五井野正氏をネットで誹謗中傷するサーティンキューの正体と影

○五井野正の活動や記事
LinkIcon青いポスト21
LinkIconウイッピータイムス
LinkIcon「歌川派門人会」

五井野正氏を真に理解したい人のために

 五井野正と検索すると、相変わらず五井野正氏を虚偽で誹謗中傷するサーティンキューのブログ記事が上位に表示されていますね。

 虚偽の中傷記事ですので、五井野正氏について正しく知りたいと検索された方は五井野正氏の「今、知らなければいけない重大な真実を語るメジャーな人々」((株)ヒカルランド発行)の本を読まれるのがベストです。

 その本の中でヒカルランド編集部が五井野正氏の経歴について簡単に紹介していましたので、その紹介文を前回掲載しました。それをお読みください。

ところで、五井野正と検索した時に、裁判所の判決文を逆にした虚偽の記述や五井野正氏の経歴をねつ造した嘘の記述や、いかにも五井野正氏が非常識なことを述べていたかのような加筆したねつ造記事、あるいは非常識なことが五井野正の著作に書いているように見せたねつ造の虚偽文章を作成した誹謗中傷のブログが様々に、しかも、しつこく意図的に上位に表示されてきました。

 そして、その誹謗中傷のブログに合わせて背後の組織がそのような噂の記事を本当らしく加工して人々に流したりしてきたために、少なからずの人がそのような意図的な噂を信じたり、騙されたりして五井野正氏の経歴や活動、さらには人格さえまでも疑ってしまったり、誤解してしまった人もいると思います。

 そのような虚偽のブログに対し、裁判所の判決で開示請求が認められ、彼らの正体が次々と暴かれました。

 背後に出版社買収事件による言論出版妨害や五井野正氏の国内外での展覧会妨害、さらにはアルメニア名誉領事就任妨害事件など様々な妨害や圧力を加えてきた日本の巨大な宗教団体が存在していました。

 国際問題にもなったので、かつて巨大な宗教団体のボスの指令の下で、五井野正氏に対する言論出版問題や殺人未遂行為、さらには外務省を動かして五井野正氏の活動をあらゆる形で妨害してきたことが明らかになることを恐れての組織的犯罪でした。

 実は、最近においても歌川派門人会がスペインに寄贈した500枚の本物の浮世絵を日本の外務省が日本・スペイン交流400年に利用しながら、五井野正氏や歌川派門人会を排他してスペイン国王関係者に騒がれた事件が起きました。

 そのような外務省による妨害のみならず、文化活動や北方四島問題、横田めぐみさんの拉致問題の解決やロシア、ウクライナ、ラトビアなどで政府許可の下で五井野正氏発明のGOPによるガンやエイズ、重病患者たちの臨床試験や救済活動に対しての妨害行為と共に、政治力と金力でマスコミをコントロールして一切五井野正氏の国内外での活躍を封じてきたのです。

 そのため、ほとんどの日本人が五井野正氏の国際的評価、活躍をまったく知らされていないために、嘘や誹謗中傷記事を自由に書き込めるネットを利用して五井野正氏に対する犯罪行為や妨害行為なども隠すために海外のサーバーを通して匿名の虚偽の誹謗中傷ブログを狂気な程にたくさんのブログ記事を検索の上位に表示し、それに同調した形で五井野正氏をえん罪に陥れる計画が進められていたようなのです。

 しかしながら、民主党政権に変わった時に大阪特捜のように、えん罪作りの実体が暴かれ、それゆえ、以前のようにえん罪作りが出来なくなったせいか、虚偽の中傷ブログで五井野正氏を悪いイメージにして、えん罪で事実化するという某宗教団体の作戦計画も次々と嘘がばれて失敗に帰したようです。

 ところで、暴力団の○○組がこの宗教団体のボスに使い捨てされ、逆恨みして暴露本を出したように、今でもサーティンキューなる幼児性の人物がこのボスに逆恨みする形で五井野正と一緒に重ねて嫌がらせの虚偽の中傷記事を意図的に上位に来るように操作しているようですね。

 これは、かつてトンズラの大田と共謀して五井野正氏を殺害しようとした元検事でこの宗教団体の下にある国会議員となっている人物と関係しているかもしれません。

 と言うのも、彼のかつてのボスが既に毛沢東やレーニン・スターリンと同じ状態の屍で、後継体制が出来た時に死亡が発表され、生き仏のような状態で会員たちに公開されるだろうという噂があります。

 そこで、過去にこの宗教団体のボスの下にいた顧問弁護士がボスに反旗を翻したように、今となってはボスに対して面従腹背だったこの男は同じようにしてボスを憎んでいるだろうし、しかも、この組織が政党派とボス派と二分している状況では当然ボスをけなす立場にいる訳です。

 そうなると、ボス派だけでなく、かつてボスの命令とは言えトンズラの大田と一緒になって暗殺しようとした五井野正氏の存在がうっかり誤ると政治生命を失う程に問題になるという訳であります。

 このような推測の成り立つというのも実はサーティンキューのコンピュータが遠隔操作されているという指摘があるからです。
(http://7812555.blog.fc2.com/blog-entry-3.html#end)

 そのような状況で執拗に五井野正氏を嘘で中傷するサーティンキューの虚言にいちいち反論しても背後の黒幕の思惑どおりなので、サーティンキューの正体と背後の組織の関係が色々なブログ記事で紹介されていますので、それをお読みになってください。

 もっとも、サーティンキューなる人物は彼のブログ記事を読めばわかる通り、著名なジャーナリストや有名人をねつ造した虚偽の事実で批判して閲覧者を驚かしてサーティンキューの記事を真実を暴くブログのように信じ込ませる単純な手口です。

 そこで、信じ込んだ閲覧者に、次にサーティンキュー独自の強い妄想の記事で単純思考の閲覧者を洗脳していくというワンパターンの記事を書く人間ですから、彼の記事を冷静に読めばカルト思想を持った幼稚で虚言癖の妄想の激しい変態人間としてわかるのです。

 では、その記述の証拠となる記事の一つとしてこの「五井野正 オフィシャルサイト」のホームページの、

 【緊急告知】五井野正博士に対するいわれのない誹謗中傷への反論記事リンク。


五井野正博士の活動を妨害し続ける某組織の正体
 のサイトをまず開いてみてください。


すると、以上述べたような記述が掲載されたサーティンキューの正体を暴露した記事の内容が次々と出てきます。

 その記事の中でも幼児性を超えた恐ろしい内容の幼児殺害猟奇事件の予告メールを神聖化した驚く内容の記事があります。それは、そのホームページの右側にある最新記事の欄から、

:カルト教サーティンキューの正体は神聖なる儀式としての幼児殺害予告メールを神の代理人のメッセージと偽って神聖化し、ゲーム感覚にしていた (04/26)

 サイトを開くと、ビックリするような内容の記事がでてきます。
 その記事には突然に幼児殺害猟奇事件の予告メールをサーティンキューが神の代理人のメッセージとして神聖化している文章が出てきます。
 参考に転載してみますと、

1、神の代理人のメッセージ

http://tokumei10.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7518.html

1 神の代理人 2005/09/16(金) 02:47:09 0
W妻K美ちゃんW妻K美ちゃんW妻K美ちゃんW妻K美ちゃんW妻K美ち
ゃんW妻K美ちゃん Y元小学校第4学年の琴●ちゃんW妻K美ちゃんW妻K美ちゃんぬ
ぼくわずっと見ていたよW妻K美ちゃんを ここ18ヶ月の間ずぅうぅっと♥
委員のK美ちゃんコレクションもいっぱいたまった、そして神のお告げが合った」きみわもうすぐ俺のものになる 
小生と一緒に神の国へ行き神に召されるんだ
まずわ朝か夕方通学路の君を捕まえて、だれもいない小屋で私とK美ちゃんふた人っきりになる さけんでもないても邪魔する不届き物はは来ない
そして手錠とくびわであなたをつないで24日のあいだうごけなくする
ミーはきみの前進の穴という孔をめちゃくちゃに攻めまくる24日間かけてぼくがぼくの下半身から108回汁を出す
それがおわったらいっきにフィナーレ逆さに吊るしたK美様のかわいい女性器に聖なるナイフを突き立てて一気
に縦に引き切るそしてからだじゅうを滅茶苦茶にさしたりキリさいて108つのぱーつにに分解する。
せいなるナイフとしてこーいうのをいっぱい用意しましたのでおたのしみにhttp://www.rivertop.ne.jp/rivertopsabu/nif/1067a.html
さいしょちょっといたいし苦しいかもしれないけどでもコレはたいせつな儀式なのだ、すぐ終るし死ぬんじゃないんだ
ちゃぁんとボクもすぐK美たんのあとを追うから 琴●ちゃんはボクといっしょに永延のカミの国に行ってふぉーえばーに生きるんだ

こんなところでどーどーと予告なんかしたら計画が上まくいかないかもしぇれない
でもねいいんだ神のお告げがあったんだ これわ神がボクに課した試練なんだ これを守って正々堂堂と殺さな
いと神の国に呼んでくれないって そんなことになったらK美ちゃんも地獄いきだしかなしいよねだからここに宣言しる 邪魔する奴も殺酢
あとK美ちゃんと俺がカミのくにへいくにはいけにえがいるって神様がお告げで言ってた
K美ちゃんのまわりにいるおともだちや上級生下級生とかを雄でも雌でもいいので適当に選んでいっしょに捕まえてつれていく
神によると宅間守氏の人の記録を抜かないといけないので人以上しょけいする
いじょうの神聖なる儀式は神様の日10/30までに開始する ぜったいやりとげる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上の文章の訳<悪魔を偽装した神からのメッセージ!>

【 これまで我々(主と母→18)は人間(18→666)の世界を創ってきた。しかし、これからは太陽神が死神として出現しゲームが始る。ゲームの開始のために生贄が必要だった。そのゲームの中で、貴方達は6(24→2+4)から9(108→1+0+8)に転換しなければならない。8の女神からの直感と知識を得て【主】が見えてくれば【9】に成れる。【9】に成れば【 主 】である【13(10月30日→13)】と一体化するでしょう 】」

 と、以上の記述がサーティンキューのブログ記事「ゲームの意味2~ 13件の犯罪予告と6月から9月」http://xuzu0911.exblog.jp/17808430/
に掲載されて、その予告メールにサーティンキューが神聖化したメッセージとして赤の太字の数字を示して、妄想の説明を行っているのです。

 皆さんはこの上述したサーティンキューの文章を読んでどう思いましたか?サーティンキューは異常で変態野郎だと男性諸君はそう思うでしょう。

 女性だったらこの文章を少しでも読んだら気持ち悪いと拒否反応を起こすでしょう。

 ところが、サーティンキューはこの記事の最初に、

「★PC遠隔操作の事件のついて語っていきたい。この事件は壮大な【虚構であり架空の事件であり、神に生贄を捧げる神聖な<ゲーム>の開始宣言の儀式】である。この事件は物凄く深い意味がある。そのメッセージがどれくらいの人間に届くのだろうか?鷲というサーティンキューが解説できなくて、誰ができるのだろうか?名前からして【13】と【9】が鷲だ。この事件の、あまりにも深いメッセージのヒトカケラでも伝えたいと思う!」

 と書いていたのです。これが「サーティンキューの正体」なのです。

 しかも、主とした【13】はこのサーティンキューの記事を書いている鷲(ワシ)だと宣言しているのです。

 それは「五井野正の正体と称して嘘の捏造記事を書くサーティンキューの正体」などの右の欄に示された各記事を読めば【13】が世界の王だとか、モンゴルの大王とか昭和天皇や関東軍を背景で操っていたのが【13】という内容の文章がたくさん出てきます。

 傲慢と言うより、各記事を読めばサーティンキューが「イスラム国」やナチスを称賛し、ジャーナリストの首を切れと盲信者に呼びかけているカルト思想の持ち主だとわかってくるでしょう。

 ところで、皆さんはこの記事に書かれているPC遠隔操作事件をご存知ですか?サーティンキューはこの「ゲームの意味2~ 13件の犯罪予告と6月から9月」の記事の中で、

「【新聞記事から】
遠隔操作ウイルスに感染したパソコン(PC)から犯行予告が書き込まれた事件で、警視庁などの合同捜査本部は十日、名古屋市の会社のPCを遠隔操作し、ネット掲示板に殺人予告を書き込んだとして、威力業務妨害の疑いで、IT関連会社社員片山祐輔容疑者(30)=東京都江東区白河四=を逮捕、自宅からPC四台やオートバイを押収した。捜査本部によると、「全く身に覚えはありません」と容疑を否認している。 」

と、書いている13件のPC遠隔操作事件です。しかも、サーティンキューは逮捕された片山被告を次の日の2月11日に【生贄】で無実の罪であるとツイッター(ツイート)しているのです。

13.jpg
サーティンキュー @saatennkixyu
13年2月11日
今回【生贄】になったK氏は年齢が30歳。イエス・キリストは30歳で説法し、33歳で生贄になり、正午6時から午後9時に処刑される。イエス・キリストは無実の罪で処刑されるが、K氏も無実の罪で逮捕されたわけだ。このストーリーを創っている者達の発想にグノーシス思想がある。キリスト教でない
タグ:
posted at 08:32:54

13.jpg
サーティンキュー @saatennkixyu
13年2月11日
hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-493...
【遠隔操作ウイルス事件と、米猶が軍事的に共同開発したフレームとDuquが同じ機能を実装しているのは偶然だろうか。偶然でないのならば、何を示しているのだろうか】~ インターネットは1969年に米国国防省が開発したもの。メールはそこから
タグ:
posted at 08:04:53

 と、その日の内にたくさんのツイートをしているのです。
(Favolog  http://favolog.org/r1you/month-1302/4-asc )

 そして、次の日の2月12日に早くも「ゲームの意味2~ 13件の犯罪予告と6月から9月」のブログ記事を投稿し、その記事に前述した「神の代理人のメッセージ」が掲載されていたのです。
さらに、サーティンキューは片山氏が逮捕されてからわずか2週間後の2月24日の午前中に「ゲームの意味4 ~ 【 13 】と蘇民将来!」の、 
「1、【 13 】と蘇民将来」の章の最後に、

「★PC遠隔操作事件の真犯人(今の容疑者のK氏ではない。かれは生贄。)の【 13 】は、我々日本人に「 なぞなぞ 」を出している。その「 なぞなぞ 」を積極的に解こうとする者たちが【 蘇民将来 】、つまり亡びた日本の後の将来、蘇る日本人である。そして【 6 】の人間達は、大地震・放射能・戦争・経済恐慌・その他で亡びていくだろう。
 【 13 】のナゾナゾを解く者たちが、将来、蘇る日本人の【 9 】である!!

 と、テロの犯人が世の中を騒がせているのを誇らしげに犯行宣言をするように【13】という数字で示したPC遠隔操作の真犯人は鷲だと言うような犯行宣言をしているように受け取れる記事を投稿しているのです。

 つまり、この文章ではPC遠隔操作事件の真犯人は【13】としているので、【13】は前述した通りサーティンキュー本人を意味するからです。

 しかも、サーティンキューは記事の最初にこの事件について赤の太文字で、

虚構であり架空の事件であり、神に生贄を捧げる神聖な<ゲーム>の開始宣言の儀式

 と、述べているのです。

 この場合、神とはサーティンキューの各記事から  【13】という太陽神であり、死神であり、バアル神のことを指すことになりますが、結局はサーティンキュー自身を意味することになってしまうので、片山氏は神(サーティンキューのため)に生贄(えん罪・誤って犯人にさせられた)という解釈もできてしまうのです。

 つまり、このPC遠隔操作事件では4人の一般人が次々と犯人に仕立てられましたが、結局、真犯人が出てきたということで4人はえん罪とわかり、釈放がされました。そうすると、片山氏もえん罪の高い事件と言えるでしょう。

 と言うのも、片山氏は一度、逮捕されましたが、えん罪とわかり、釈放されました。

 ところが、その後に真犯人と名乗るメールが片山氏の弁護人に届き、そのメールが結局は片山氏が出したメールだとされて再逮捕され、2015年2月4日の裁判判決で懲役8年の刑を言い渡されてしまったのです。

 しかし、彼はその真犯人なるメールを出していないと否認しています。
(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1405/16/news141.html)

 しかも、記者会見で「そのメールが拘留中(釈放ではない)に出ていれば」と述べているのです。

 果たして片山氏はジョークで言ったのでしょうか?それとも、誰かに依頼してメールを出してもらったけれど誤って拘留中ではなく釈放中に出されてしまったのか、あるいは、誰かがふざけて出したのかなど色々なケースが考えられるでしょう。

 拘留中の被告の調書などは警察や検事などが初めから筋書き通りに被告を誘導して作成してしまうもので証拠としてはあまりあてにはならないものです。

 もし、真犯人だと名乗るメールが犯人の決めてとなるのならサーティンキューが2014年4月6日のツイート[世靄真逆(よもやまさか)のつぶやきhttp://blog.goo.ne.jp/7o11o7/e/e6a9aeb17c5a1c2c6c5346caf29af139 ]に、


サーティンキュー @saatennkixyu 07:26
鷲が遠隔操作の真犯人に攻撃を受けたとすると、やっぱり、パククネと安倍昭恵氏が異母姉妹と書いたためか?顔からみたらズバリだがw
7o1さんがリツイート | RT
14.jpg

 と文体がおかしな記事を書いている場合はどうなるのでしょう?

 まだ裁判の判決が出る1年前のことです。

 しかも、PC遠隔操作事件の真犯人が片山氏として逮捕された時にもサーティンキューがブログ記事で前述してきたような記事をネットに投稿しているのに、なぜ警察がサーティンキューも怪しいと見て調べないかです。

 調べないのは既に真犯人を逮捕したとする警察のメンツでしょうか、それとも五井野正氏を嘘で中傷しているサーティンキューを調査で中止させたくないという背後側の配慮でしょうか?

 と言うのも、歌川派門人会の有志たちが自称六代豊国の詐欺事件を告訴した時も、大阪特捜は自称六代豊国は怪しいが、調べない、その代りに歌川派門人会の方を調べると原告側を逆に調べるというあり得ない事件があったのです。

 しかし、結局、その事件は弁護士側の強い追及で特捜も誤認捜査とわかり、何も動けなくて事件は終わりましたが、後に大阪特捜の村木事件でもわかるように大阪特捜は証拠さえも改ざんしてしまった事件が起きましたね。危ない。危ない。

 あの事件の目的は最終的には石井一(はじめ)衆議院議員をえん罪ではめる事件だとも言われているくらいに根の深い背後の力によるえん罪事件だと言えるものですが、民主党が政権を取っていた時だからこそ、大阪特捜の証拠の改ざん事件がバレたとも言えるものでしょう。

 実は検察だけでなく、裁判所も証人の証書を何カ所も反対の事実に改ざんした事実も歌川派門人会が告訴した裁判事件にあったのです。

 そんなことが平気で出来るのが背後の組織の力です。私達はそんなひどい日本に住んでいるのです。

 ところで、ここで出てきた歌川派門人会とはゴッホやモネ、ロートレックなど印象派の絵画と思想や技法に大きな影響を与えた浮世絵の中で広重や国芳、豊国などを輩出した浮世絵の最大の流派が歌川派でしたが、明治以降に退廃の絵画としてすたれてしまっていたのでした。

 そこで、芸術家であった五井野正氏が歌川派の復興を唱え、日本の文化である浮世絵を国内外に広めていこうと平成2年8月に創立した団体が歌川派門人会で、今では一般財団法人歌川派門人会となっています。

 主な活動として本物の江戸時代の浮世絵を一万枚以上、国内外の学校や美術館に寄贈し、五井野正氏は歌川正国という雅号で平成7年にロシア国立エルミタージュ美術館や国立プーシキン美術館で展覧会を開くなど、ロシアでは教科書に掲載されるなどの評価を受けている人です。


ロシア国立エルミタージュ美術館 1995年9月

101.jpg102.jpg103.jpg

104.jpg105.jpg106.jpg
国立プーシキン美術館 1995年7・8月
107.jpg108.jpg
109.jpg110.jpg
 また、アルメニア国立美術館やラトビア国立美術館など欧米や日本、旧ソ連邦の国々で浮世絵と絵画の展覧会をして世界的な芸術家なのです。

 詳しくは「歌川派門人会」や「ウイッピータイムス」、「あおぽ」のホームページでお調べください。

LinkIcon「歌川派門人会」 http://www.utagawa.or.jp/
LinkIcon「ウイッピータイムス」 http://wippii-times.com/
LinkIcon「あおぽ」 http://www.aopo.net/

 次回は、なぜ「宏野田」なる名称の者やサーティンキューがしつこく五井野正氏の経歴や実績を反対の事実に置き換えた虚偽の誹謗中傷の記事をネットに無数に投稿し、背後の組織団体が騒いで日本中に噂を流したその理由を解説する予定です。






2015..8.10New!

2015..8.3New!

2015.7.26New!

2015.7.21New!

2015.7.21New!

2015.7.20New!

2015.6.24New!

2015.6.11New!

2015.5.28New!

2015.5.27New!

2015.5.26New!

2015.5.26New!

2015.5.26New!

2015.5.23New!

2015.5.9New!

2015.5.1New!

2015.4.30New!

2015.4.29New!

2014.9.14New!

2013.12.14New!

2013.11.1New!

2013.11.10

2013.11.15

2013.10.12

2013.08.4

2013.08.18

2013.03.13

2013.03.13

2013.02.13

2013.01.15

2012.12.03

2012.12.03

2012.12.03

  • サイトを立ち上げました。